青汁に含まれている成分

健康補助食品として様々な食品メーカーから発売されている青汁には、どのような成分が入っているのでしょうか。
青汁の栄養素を吸収して健康になりたいならば、青汁の成分は知っておいた方が良いでしょう。

食物繊維

青汁の原材料は、ケールや大麦若葉といった緑の野菜が使われています。
これらに多く含まれているのが食物繊維であり、食物繊維は消化器官である腸の環境を整えてくれる役割を持っているのです。
よって、青汁を毎日飲み続けると便秘が解消されることもあります。
多くの女性は快弁のために自分に合った青汁を探しているのです。

ルテイン

抗酸化作用があることで有名なルテインは、青汁の主成分のひとつです。
人間の体内にもともとあるカロテノイドの種類でもあります。
ルテインは紫外線を目から守ることができる機能を持っており、私たちの体には欠かせない成分となっています。
普段の生活から吸収することが難しく、青汁は豊富にこの成分が入っているため、ルテインを楽に摂取することができるでしょう。

β-カロテン

健康食品によく入っているβ-カロテンは、体内に溜まった活性酸素を排出してくれる働きを持っています。
活性酸素は溜まりすぎると老化が促進され、体がだるくなったりと何かしら悪影響を及ぼします。
この活性酸素を抑制することでアンチエイジング効果やガン防止にも役立ちます。
健康的に美しくなりたい方にはお勧めの成分です。
青汁の原材料や商品によって含まれている成分に違いがあります。
どのような成分が含まれているのかしっかり確認して購入するようにして下さい。

ページトップへ